自己破産はどんなもの?

自己破産

自己破産という言葉をご存じでしょうか。自己破産というのは、債務整理の一つであり、借金を返済するのに困った時の最後の手段として用いる方法です。ご自分の財産全てを考えても、どうしようもないといった状況になった場合に、破産の宣告をするのです。

 

借金を返済することがどうしても不可能だと、裁判所から免責が認められた場合には、借金はなかったものとなります。

 

免責決定というのは、裁判所に破産申請の手続きを取り、借金を支払わなくても良いという事が許されることによって、決まります。自己破産をしてしまえば、借金を返済する必要はなくなりますから、肩の荷が下りたような気になるように感じるということも考えられます。

 

しかし、自己破産というのはする人にとっては不利益になる事が多いのです。自己破産を決断してしまう前に、他の方法では無理なのかということを十分に考えることが大事となります。

 

家などの財産をお持ちの方もおられると思いますが、そういったものも手放す結果ともなりえるので、生活のためにも、安易に自己破産を決めるわけにはいかないということです。ここで、自己破産をするにあたって良い点というものを挙げていきます。

 

まずは、先程も申し上げたように、免責決定がされれば借金を全て返す必要がなくなり身軽になれると言う事です。生活に行き詰ってしまい、どうしても借金を返すなどできないということになれば、自己破産はできる可能性があるのです。

 

また、自己破産の手続きを始めてしまうと、債権者である業者は給与の差し押さえなどを強制執行できなくなりますので、そういった心配がなくなるのは良いです。

 

また、幾らかはご自分の財産を残す事も可能だということもあります。次に良くない面についてです。ある程度の財産は残すことができますが、それ以外については債権者、つまりお金を貸していた側に所有権が渡ってしまうということです。

 

一軒家やマンションなどの自宅についても同様です。とは言え、その物件に買う相手が見つかってから手放すという形になります。自己破産を考える時には、次に住む家についてもどうするかということを念頭に置かなくてはいけません。

 

元の家が賃貸の物件であり、滞りなく家賃を支払えていたのなら、出ていく必要はありません。自己破産したという事実は、官報に記録されるので、他人でも知り得ることができます。また、個人信用情報機関にも載ってしまうことを忘れてはいけません。

 

新たに借金をすることが、5年から10年の間はできなくなります。免責の決定が出るまでは、警備員や弁護士などの特定の職業に就くこともできなくなります。免責されないという場合があります。それは、浪費をしたりギャンブルにお金を使っていた場合です。

 

そうなると、自己破産をしたとしても借金を返済することになってしまうので、借金については、詳しい弁護士や司法書士に相談することが一番なのです。一番ご自分に合っている解決法を一緒に見付けてくれます。


このページの先頭へ戻る