個人再生について知りたい!

個人再生というのは、正式名称を”個人債務者再生手続き”と言い、債務整理の一つです。企業が再生をするという手続きというのは昔からありましたが、個人再生は割と新しい制度であり、2001年にできたものです。

 

今でもその存在を知らない人も多いですが、メリットというのも他の債務整理と比較しても様々あるということが特徴です。さて、どういった制度で、どういった手続きをするのかという事をご説明いたします。

 

個人再生法というのは、出来る限り借金を減らし、それから3年を目安として残りを返済していくというものです。返済をしていくということは必要となってくるので、これから先にきちんと収入を得られるということが判断される場合に適用になります。

 

他の条件としては、借金の合計が5000万円以下であるということもあります。これは、住宅ローンなどは含みません。自己破産の場合は、住宅等を失ってしまう可能性もあります。

 

しかし、個人再生の大きなポイントというのは、住宅はそのままで失わずに済むという点にあります。これは有難いものですし、この個人再生のメリットとなります。

 

とは言え、住宅はそのままになるのですが、住宅ローンについてもそのままになり、返済していく必要があるので、その点は覚えておきましょう。また、普段の生活をしつつも借金を自分の返済の許容範囲まで下げることができます。

 

下げられる金額は100万円までですが、借金の1/5まで下げられるというのは、心にもゆとりが生まれるということにもなります。自己破産となると、資格が制限されるということがあります。しかし、個人再生ですとそういったこともありませんし、免責を許可されないということもないので、例えギャンブルや浪費によって作ってしまった借金だとしても免責が認められるということになります。

 

個人再生を申し立てると、業者は催促などをできなくなりますし、弁護士や司法書士に手続きの依頼をしたという時から取り立てをされることもなくなります。さて、ここで個人再生の気を付けたい点をお話いたします。

 

氏名や住所までも官報に載ってしまうということもありますし、個人信用情報機関にも5年から7年程度記録されるということも覚えておきたいです。これにより、新たに借金をすることやローンを組むということが困難になるので、気を付けたいです。

 

任意整理の場合には、一部の借金についてのみ整理をするということができますが、個人再生というのは全ての借金が対象であり、個人からの借金についても含まれます。ということは、そのお金を借りた個人にも迷惑になるということになるので、十分注意したいです。

 

債務整理には様々な種類がありますが、その中でも個人再生は手続きが込み入っていて難しい面があります。なので、個人によって手続きをするのは困難と言えます。個人再生をする際には弁護士や司法書士に相談し、手続きを委ねるというのが得策です。とても円滑に手続きが進むのです。


このページの先頭へ戻る