任意整理とはどんなメリットがある?

任意整理というのは、借金に困った際の整理の方法の一つです。大体の場合において。弁護士や司法書士に依頼をして業者との交渉をしてもらうというものです。

 

複数件ある借金を1件にまとめてもらうことや、過払い金がある場合はそれを取り戻すということで、返済していく額をなるべく減らすという整理方法になっています。さて、この任意整理は債務整理の一つでもありますが、他の整理方法よりもリスクも少ないということもありますし、利用している人も一番多い整理の方法なのです。

 

任意整理

 

自己破産をする場合は国が発行している官報には記載されますが、任意整理については載る事はありません。裁判所に出向いたりする必要もないので、人に知られる心配がないというのがポイントです。

 

借金をしている業者との交渉を、専門家に託すことになるので、自分で何かをするということもありません。借金に困っている人にとって、一番やりやすい解決方法ということです。借金は取り立てを受けることもあります。

 

しかし、任意整理を専門家に依頼すれば、その時点において業者側は取り立て不可能になります。もしも執拗な取り立てをされているということがあれば、そんな苦痛からも逃れることもできるということになります。借金の利息を再度計算し直すので、何回で返済するかということや幾ら返していくかということも再度考えることができるということも利点であり、これから先、利息がいらなくなることもあるのです。

 

自己破産などの場合は”こうしてはいけない”といった制限も出てきますが、任意整理の場合はそれもないので、不便になるということもありません。また、知らないという人もいますが、借りている相手である特定の業者や個人の借金に焦点を当てて整理するということも可能となっています。

 

また、気を付けたい点もお話します。その一番のポイントは個人信用機関に載ってしまうということです。信用情報機関は何種類かあり、その機関によっても記載されている時期というのには違いがありますが、ほぼ7年くらいは残っているので、任意整理したということが他の金融機関にもわかってしまうということになります。

 

なので、新たに借金をするということが困難にはなりますが、取り立てて普段生活をする上で困るということはさほどありません。ちなみに、この期間というのは整理を終えて借金も返した後から数えられます。

 

債務整理というのは、依頼をする弁護士や司法書士によっても違いが出てくるので気を付けたいです。任意整理を受け付けない業者も中には存在しますし、減額ができないというパターンもあります。

 

交渉に長けている専門家ならば、業者との交渉によって借金の減額をより多くできるということがありますが、そうでない場合もあり、多くの減額にこぎつけることができないということもあります。

 

しかも着手金だとかの手数料が引かれるので、依頼する側としてはさらにお金がかかってしまうことになりかねません。より良い専門家を見付けて任意整理を依頼されることが、任意整理を成功させるカギなのです。


このページの先頭へ戻る