借金相談はどこにすればいいの?

借金相談

生活をしていると、お金はかかるものです。そんな中どうしてもお金が必要になり借金をする事もあるでしょう。気付いたら何件も借りていたということもあるかもしれません。

 

そういった困った状況になってしまった時に、一体誰に借金相談すれば良いのかということもわからないということも考えられます。もし借金に困ってしまった場合に、誰に相談をするべきなのかについてお伝えしていきます。

 

借金の相談は弁護士や司法書士が受けてくれます。しかし、それでもいきなり相談するのも気が引けるということもあります。そういった場合は、どの程度の減額ができるのか、適している相談先について無料かつ匿名でシミュレーションができるサイトがあるので、そちらを利用してから相談すると良いです。

 

サイト名は伏せさせていただきますが、入力する内容はご自身で考えられたニックネームとお住まいの都道府県、そしてメールアドレスと電話番号。さらにどれだけ借金があるのかという状況について入力するとシミュレーションされるというわけなのです。

 

相談をする前にも、きちんとご自身の借金について把握しておく事が大事です。どの位の額をどの位の期間、何件ほど借りているかということです。業者に借りた分のみではなく、家族や知り合いから借りた額に関しても同じです。

 

10年程前の借金であれば業者に利息を払い過ぎている可能性もあるので、取り戻せることがあります。ご友人やご家族に相談しても専門的な知識をお持ちである場合というのはあまりないことが考えられます。それにご自身で解決することもとても難しいことです。

 

なので、こういった借金の問題は前述の通りに弁護士や司法書士といった法律を熟知している専門家に助けを求めることが大事です。とは言え、法律家ならどこでも良いというわけではありません。弁護士や司法書士にも得意な分野というのが存在します。

 

なので、債務整理などの借金問題に詳しく実績のある専門家を選ぶということが重要になってきます。さて、弁護士と司法書士ではどちらに相談するべきかということがあります。弁護士と司法書士では、違いがあります。

 

司法書士では140万円以上の債務の案件は扱うことができないなどです。また、お住まいの地域によっても違いがあります。さらに、弁護士ですと自己破産の申し立てなどをしてもらうことができますが、司法書士の場合は書類作成をしてくれたり、手続きの手助けをしてもらうことに留まります。

 

もしご自身がさほど多くの借金があるわけではなく、費用を抑えたいのであれば司法書士に相談すると良いです。そして、多くの借金がある場合ですと費用がかかってしまいますが、弁護士に相談するということになるのです。

 

この場合は自己破産も視野に入れている時です。最も重要なのは、弁護士でも司法書士でも借金問題に長けているかということになります。良く見極めて相談するようにしたいです。

 

借金問題に長けている専門家は無料での相談に乗ってくれるというところが多いので、安心して相談できるのです。


このページの先頭へ戻る